So-net無料ブログ作成

<ダイハツ>「タント」「ムーヴラテ」などをリコール(毎日新聞)

 ダイハツは31日、軽自動車「タント」「ムーヴラテ」2車種計11万4358台(07年2月〜08年12月製造)と、インドネシアの子会社が製造、OEM(相手先ブランドによる受託生産)提供するトヨタの小型トラック「タウンエース」「ライトエース」2車種計1万1131台(08年2〜12月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届けた。軽自動車の2車種は、ハンドルと車軸を結ぶボルトの締め付けが不足し、正常にハンドル操作ができなくなる恐れがある。OEMの2車種は、オイルが漏れ、走行不能になるなどの恐れがある。

【関連ニュース】
国交省:ブレーキ優先、義務化を検討
三菱自動車:欠陥隠し裁判 ふそう元会長ら有罪確定へ
スズキ:軽乗用車「ツイン」をリコール 1万106台対象
ダイハツ:「ハイゼット」など3車種27万台をリコール
新車販売:2月もプリウス首位 車名別ランキング

非訴訟派被害者も救済へ=裁判と並行、5月までに−政府(時事通信)
探幽の雲龍図と確認 京都・興正寺の掛け軸(産経新聞)
民主・自民両党首脳“ニアミス”(産経新聞)
<新型インフル>ワクチン輸入 257億円分解約(毎日新聞)
遺体取り違え解剖=公表せず−東京都監察医務院(時事通信)

東名64キロ、関越50キロ 3連休最終日に激しい渋滞 (産経新聞)

 3連休の最終日となった22日午後、各地の高速道路は行楽帰りの車で激しく渋滞し、午後7時から7時半にかけて、東名高速が下り線の愛知県岡崎付近で64キロ、上り線が神奈川県の大和トンネルで47キロの渋滞となっているのをはじめ、関越自動車道上り線が埼玉県の鶴ヶ島付近で50キロなどとなっている。

 日本道路交通情報センターによると、東京方面に向かう上り線は、東名高速が大和トンネルのほか静岡県の富士川サービスエリア11キロ、沼津インターチェンジ(IC)付近で18キロなどと、断続的に渋滞が激しくなっている。関越自動車道でも鶴ヶ島のほか前橋IC付近で27キロ。

 東北自動車道では、栃木県の矢板IC付近で28キロ、埼玉県の加須IC付近で34キロの渋滞。常磐道も埼玉県の三郷IC付近で34キロ。中央自動車道は東京・山梨県境の小仏トンネルで33キロ、東京の調布ICで14キロなどとなっている。

【関連記事】
3連休初日、中国道や名神で39キロ渋滞 追突事故も影響
第二京阪道路が全面開通 京都−大阪間の移動が大幅短縮
“エコチャリ”でGO! 渋滞知らずラクラク富士周遊
高速割引財源“転用”を閣議決定 ドライバーには実質値上げ 
都市部ドライバー必見! 首都圏&関西圏の高速無料化活用法
20年後、日本はありますか?

 

動物たちに長〜く会える 動物園、水族園が時間延長(産経新聞)
<倉吉市長選>石田耕太郎氏が初当選 鳥取(毎日新聞)
<合掌家屋>屋根ふき替え 助け合い今も 岐阜・白川(毎日新聞)
指定弁護士ら遺族と面談=兵庫・明石歩道橋事故(時事通信)
<桜>大阪で開花 観測史上2番目(毎日新聞)

醤油の正しい保存法、7割が「分からない」(産経新聞)

 欠かせない調味料のトップは醤油(しょうゆ)と回答する一方で、正しい保存方法が分からない人が7割超に上ることがヤマサ醤油(千葉県銚子市)の調査で分かった。

 調査は2月12〜14日、首都圏の20〜50代の男女824人に実施。欠かせないと思う調味料を聞くと、醤油(95.8%)がトップで、塩(86.2%)、砂糖(67.8%)が続いた(複数回答)。

 しかし、醤油の正しい保存方法については、71.3%が分かっていなかった。年代別では、20代と30代が76.7%に達し、40代は65.4%、50代は66.6%。若い世代ほど保存に対する意識が低くなった。

 ちなみに醤油の正しい保存方法として、同社では「しっかりと密封した状態にしたうえで、涼しいところに置くこと」を薦めている。

 醤油に対して「自分なりのこだわりがあるか」の問いでは、55.5%が「ある」と答え、年齢別では50代男性が67%で最も多かった。

【関連記事】
甘みより旨味、「たまり」醤油スイーツ好評
素材ありき 「京みたらしろーる」人気
大人の社会見学 醤油醸造元「角長」 発祥の地で170年間綿々と
具入りラー油 辛さの中に光る食感
結構うまい? 早大OB経営「油そば店」の評判

<囲碁>十段戦五番勝負第2局(毎日新聞)
20代警察官、エロ本16冊を不法投棄し罰金(スポーツ報知)
鳩山首相は内閣改造・党役員人事で反転攻勢へ?(産経新聞)
<脱税>「水谷建設」元会長を仮釈放 08年5月に収監(毎日新聞)
首相動静(3月22日)(時事通信)

「心を痛めています」 愛子さま欠席で皇太子ご夫妻(産経新聞)

 宮内庁の野村一成東宮大夫は19日の定例会見で、通学への不安感を訴え、学習院初等科を続けて欠席されていた敬宮(としのみや)愛子さまについて、皇太子ご夫妻が心境をつづられた文書を公表した。文書では「国民の皆様にご心配をおかけしており、私たちも心を痛めております」とされている。

 この問題で、ご夫妻が心境を明らかにされたのは初めて。

 今後の見通しについては「学校ですでにいろいろな対応策を考えていただいているところであり、今後もよく相談しながら、よい解決を見いだしていかれればと思っております」とし、「両陛下はじめ、皆様からさまざまなご配慮をいただいていることを心からありがたく思っております」と結んでいる。

 また、春休み中の愛子さまのご様子について、野村東宮大夫は「普段通り過ごされている」と述べた。

【関連記事】
愛子さま、終業式の日にご登校
東宮大夫「愛子さま、依然ご不安感」
愛子さまご欠席、両陛下が「解決に十分配慮を」
愛子さまが2日連続でご登校
川端文科相「学習院が対応すること」 愛子さま不登校問題  

「車中泊」で節約旅、シルバー世代に広がる(読売新聞)
雑記帳 トビウオ使ったカレー限定販売へ 和歌山・串本(毎日新聞)
東アジア共同体、5月具体化=鳩山首相が取りまとめ指示(時事通信)
<強風>札幌で33.3メートル 3月の観測では最大記録(毎日新聞)
<外交文書>政務三役が開示判断へ(毎日新聞)

<トキ襲撃>ケージのすき間にテンの毛(毎日新聞)

 新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターでトキがテンに襲われ9羽が死んだ事故で、環境省は16日、トキの訓練施設「順化ケージ」の南側のすき間にテンの毛がついていたと発表した。テンの侵入経路の一つとみられ、同日現地で開かれたトキ飼育繁殖専門家会合(座長・小宮輝之上野動物園長)で報告された。

 ケージではこれまで金網の網目より大きなすき間が260カ所以上見つかっている。

 同省はテンの侵入経路を特定するため15日から30カ所に両面テープを張りつけた。16日朝、高さ約5メートルの位置にある金網と鉄骨のすき間(縦5センチ、横16センチ)のテープに毛が付着しているのが確認された。しかし、9日夜から10日朝にかけてトキを襲ったテンの毛かどうかは不明だ。

 同省はケージのすき間を埋め、周囲に電気柵を設置する。今秋に予定されている3次放鳥の可否については、ケージの補修状況を踏まえて判断する。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
小沢環境相:14日に佐渡トキ保護センター訪問
トキ襲撃:テン駆除に専門家が論争 生態系壊れる?
トキ:9羽死んだ順化ケージ、構造の見直しを…環境相視察
トキ:9羽の死 順化ケージの金網に62カ所のすき間
トキ9羽死ぬ:テンが襲撃、足跡から判明 環境省

沖縄知事、陸上部案・埋め立て案とも反対(読売新聞)
3行為の実証研究実施へ―救急救命士の処置範囲拡大で(医療介護CBニュース)
診療報酬改定受け「地域・院内での連携を」(医療介護CBニュース)
運転士判断で急停止 鶴見緑地線の運行トラブル(産経新聞)
上申書殺人控訴審判決 元暴力団組長に(産経新聞)

首相の公邸入居費用、さらに清掃費など280万(読売新聞)

 鳩山首相が公邸に入居した際にかかった費用が、政府が公表した413万円ではなく、実際は約700万円にのぼっていたことが10日、政府関係者の話でわかった。

 清掃費など約280万円を含めなかったためで、「過少申告」との批判が出そうだ。

 政府は9日の閣議で、障子の張り替え、フローリングの床の補修などの「内装補修」に計約413万円を支出したとの答弁書を決定した。答弁書は、これまでも首相交代の際は「点検・清掃」や「内装補修」を行ってきたとして、安倍元首相の場合は約222万円、福田元首相は282万円、麻生前首相は382万円を支出したとした。

 鳩山首相の場合は「内装補修」だけを公表し、過去3代の首相の支出額には含めた「点検・清掃」費約280万円を外したことになる。「点検・清掃」費を除いた過去3代の首相の支出額は数十万〜百数十万円にとどまっている。

中国人学生が線路に転落、列車通過も無事 東京・上野駅(産経新聞)
仲井真知事「陸上案はベクトルが逆」 普天間問題、平野官房長官と会談(産経新聞)
ソメイヨシノ 福岡で開花…陽気に誘われ(毎日新聞)
河合誓徳氏死去(陶芸家、日本芸術院会員)(時事通信)
<みんなの党>参院選 比例代表の追加公認候補を発表(毎日新聞)

解雇宣告に激怒、ホテル支配人刺す 清掃員逮捕(産経新聞)

 14日午後1時45分ごろ、大阪市北区太融寺町のホテル「CEEDS」の1階フロントで、支配人の北條将司さん(33)が、ホテルのアルバイト清掃員の男に包丁(刃渡り13・5センチ)で刺された。男は他の従業員らに取り押さえられ、曽根崎署が殺人未遂と銃刀法違反の現行犯で逮捕した。北條さんは右胸を刺されたが、軽傷という。

 曽根崎署によると、逮捕されたのは、大阪市北区中津、谷森潤容疑者(39)。犯行時は酒に酔っており、包丁3本を持っていた。

 日頃の勤務態度が悪いため、この日、北條さんが電話で「辞めてほしい」と告げたところ、谷森容疑者が激高。ホテルに来ると「殺してやる」といいながらフロントに入り、北條さんを包丁で刺した。別の従業員に包丁を取り上げられると、さらに隠し持っていた包丁を取り出し、襲いかかろうとしたという。

【関連記事】
痴話げんかの末、女性に火を付けた男逮捕 大阪
「夫を殺した」と通報の妻を逮捕 長野
虐待、DV増加 ストーカーは減少 茨城
殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件
「小学生殺して死刑に」 殺人未遂罪で35歳男起訴
20年後、日本はありますか?

羽生が勝ち2勝3敗=将棋王将戦(時事通信)
王将戦、羽生が2勝目(産経新聞)
「裁判員裁判は違憲」と控訴=覚せい剤事件の被告側−東京高裁(時事通信)
小林議員を参考人聴取=資金提供、認識を否定−札幌地検(時事通信)
メタボで入院外医療費が1.4倍に(医療介護CBニュース)

普天間検討委8日に、社民・国民新から移設案(読売新聞)

 政府・与党は5日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移転先を協議する沖縄基地問題検討委員会(委員長・平野官房長官)を8日に開き、社民、国民新両党から移設先候補地の提案を受ける方針を決めた。

 平野長官は5日の記者会見で、「3月末くらいまでに、政府が(米国と)交渉するベース案をつくっておかないといけない」と述べ、3月末までに政府・与党案を絞り込む方針を示した。政府・与党案の決定にあたっては、鳩山首相が岡田外相、北沢防衛相ら関係閣僚を交えて協議した上で、月内に与党党首級の基本政策閣僚委員会を開催して確認する考えも表明した。

 同時に、「相手のあることだから、多少変更しなければならない部分はある」と述べ、その後の米国や移設先の自治体との交渉によって、政府・与党案の修正はあり得るとの考えを示した。

夫が数十回殴る蹴る、75歳妻が死亡(読売新聞)
11年度引き下げに意欲=中小企業の法人税−仙谷国家戦略相(時事通信)
「リュックに5年前死亡の乳児」=侵入容疑で逮捕の男−警視庁(時事通信)
<ニュース1週間>バンクーバー五輪、熱戦に幕/チリでM8.8、各地で津波(毎日新聞)
川崎病のモデルマウス作製法、大阪の医師が確立 治療法改善に期待(産経新聞)

火星でもハチ飛べる! JAXAなど実験 宇宙農業、授粉役に期待(産経新聞)

 重力が地球の約3分の1しかない火星でも、ハチはちゃんと飛べる可能性が大きいことが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と玉川大の航空機を使った共同実験で分かった。人類が将来、火星で生活するには、野菜を現地生産する「宇宙農業」が必要で、ハチは農作物の授粉役として火星でも活躍してくれそうだ。

 実験に使ったのは、トマトの栽培農家が授粉に利用しているマルハナバチの仲間で、在来種のクロマルハナバチ。今年2月、約30匹を箱に入れて航空機に乗せ、宇宙を模擬した重力環境で飛べるかどうか太平洋上空で実験した。

 航空機を急上昇・急下降させることで数十秒間、重力の小さい環境をつくり、ハチの挙動を観察。その結果、無重力の状態では壁にぶつかることが多く、うまく飛べなかったが、火星と同じ低重力では、体を制御しながら飛んでいた。

 低重力を経験したハチは、実験を繰り返すうちに飛び方が上達する“学習効果”が表れた。また、空中で静止するホバリングという飛び方は花粉集めに適しているが、これに似た動きも観察された。

 昆虫の飛行メカニズムと重力の関係は、まだ謎が多い。ハエやチョウは、米航空宇宙局(NASA)などの無重力実験でうまく飛べなかった。火星と同じ低重力で昆虫の飛行を確認したのは世界で初めて。

 実験チームの佐々木正己・玉川大教授(応用昆虫学)は「ただ浮かんだのではなく、間違いなく飛んでいる。どんな仕組みで飛行を制御しているのか興味深い」。山下雅道JAXA教授(宇宙農学)は「火星の食事には甘いお菓子も必要。ハチを利用できれば、野菜の授粉とはちみつで一石二鳥」と期待を寄せる。

【関連記事】
野口聡一さんがおもしろ実験 「宇宙でも物理法則にのっとった」
日本人女性宇宙飛行士、山崎直子さんが会見「ばっちり仕事を!」
謎の暗黒物質を探れ 東大研究所が観測装置
1日の長さ、わずかに短縮 チリ大地震で地軸も移動 NASA分析
月に氷蓄えたクレーターが40カ所 米NASA発表
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

交通事故偽装、子ども4人にけが演技させる(読売新聞)
<売上高水増し>容疑のニイウスコー元会長ら2人再逮捕(毎日新聞)
池袋サンシャインシティで露出や強制わいせつ 容疑の男逮捕「9件やった」(産経新聞)
女子高生につきまとい容疑、警部補を逮捕(読売新聞)
「竹島問題の根拠示せ」拓大教授が北教組に質問状 (産経新聞)

<九州大学>合格発表 2189人に春(毎日新聞)

 九州大学の10年度入学試験前期日程の合格発表が8日、福岡市東区の箱崎キャンパスであり、11学部の計2189人に“春”が訪れた。

 合格者の受験番号は午前11時、掲示板に張り出された。九大では約10年前からインターネットのホームページでも発表しているが、番号を自分の目で確かめたい思いは変わらないようで、この日も多くの受験生や保護者、教員らがキャンパスに詰めかけた。

 今年の志願者は5071人で、合格率は43.2%。合格者に占める割合は現役生72%、既卒者28%。九州出身者は76.4%で昨年より2.3ポイント減り、過去10年で最も低かった。【朴鐘珠】

【関連ニュース】
五輪フィギュア:浅田と安藤に大声援 中京大
数学分野:研究費の格差広がる 中規模大学で大幅減
五輪フィギュア:小塚選手に声援 中京大キャンパス
五輪スノーボード:国母選手の応援会中止…東海大
五輪フィギュア:大教室に立ち見、中京大でも応援

<北教組事件>小林議員が陳謝 会計責任者など4人逮捕で(毎日新聞)
地球温暖化対策基本法案の閣議決定ずれこむ 小沢環境相明かす(産経新聞)
首相動静(3月3日)(時事通信)
電子書籍普及へルール作り、流通や著作権研究へ(読売新聞)
地域主権改革一括法案を閣議決定―介護施設の一部基準を条例委任(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。